Purity White

アニメ中心なブログです。 TB,コメント、相互リンク大歓迎です!




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ



今日はAちゃんとMちゃんとカラオケに行きました。とっても楽しかったです。本当は私達は地元のカラオケ店へ行くはずだったのですが、私のわがままと欲望のために、「いいのかなー?」といっているMちゃんに私は大丈夫大丈夫と言い聞かせてカラオケ店へ3人で行く事にしました。その後はプリクラ撮って、本屋へ行きスターバックスに行きました。まさか今日はMちゃんとの最後の思い出になるなんて思ってもいませんでした。
カラオケに行く前私はMちゃんの家に行きました。先週私とMちゃんは池袋へカラオケしにいったんです。だが、Mちゃんの親は池袋のカラオケなんかに行く事はとても反対していました。先週は私はMちゃんに池袋のカラオケ言ったのは内緒といったのです。でも、そのカラオケのレシートの所為でバレました。そして、今、かたーく、Mちゃんの両親は池袋のカラオケ店は絶対駄目といいました。

だが、私はその約束を破った。

バレなかったらいいさ!

この世はもううそのつけない世の中になっているという事など私には分かっていたはずなのに・・・。

Mちゃんのスタバのレシートの所為でMちゃんの両親に今日は池袋のカラオケへ言ったという事にバレた。それがバレたときMちゃんの両親は私の家へ連絡してきました。私、Mちゃんの両親とても苦手です。しつこいし子離れしないし、うるさいし、すぐに自分の子供に何かあったらその子供を危険や悲しい事に合わせた奴に電話をして、親と話し合いする。しかも心配性すぎです。自分勝手でもある!!

でも、それは私が行きたいなんていったから起こった事件だ。ほとんどは私の責任だ。

Mちゃんの親とは前にも色々ありまして、またこんなことをしてしまった。そう、私は昔からMちゃんの親に嫌われていた子供。存在自体うざかったかもしれない。

Mちゃんの親はこういってました。

もう二度とMとあうな、連絡するな。

縁を完全に切られました。

その後私はAちゃんに電話をかけてこの事を話した。そしたら彼女は止めなかった私も悪いし、それに姫(Aちゃん専用の私のあだ名です)が全部悪いわけではない。Mちゃんの両親に連絡いしてもいいだろうか?と。Aちゃんは本当にしっかりしていますし優しいんですよ。自分の意見だって、言えるし。ちなみにAちゃんと私は幼稚園のころからの幼馴染です。

でもですね、やっぱし自分としてはAちゃんは何も悪くないです。Mちゃんだって悪くない。悪いのは全て私。それに、もしAちゃんがあの滅茶苦茶な両親に連絡すると、しつこく問われるし子供だけの問題を大人までかかわらせて、しかも一方的に責める。最低な親ですよ。これじゃあAちゃんに迷惑だし、AちゃんだけではなくAちゃんの両親にも迷惑。なので連絡はとらないほうがいいといいました。

Aちゃんのいうとおり、親って全然子供の事考えてないよ。もし、私と縁を切ったらMちゃんは孤独だよ?Mちゃんの唯一の友達は私なんだから。なんでそんなちょっとした事で縁を切るの?はっきりいって頭おかしいんじゃないの?子離れしなさいよ。Mちゃんはもう中3になろうとしてるんだよ??それなのに親が子供にあーしろこーしろとかいうからMちゃんはいまだに自分の意見が言えなく受身なんだ。つまりしっかりしてないということ。いい加減親の言い成りにさせるのはやめなよ。今度はMちゃんが自分で何かをして学ぶ時を与えよう?

スポンサーサイト
  1. 2006/01/29(日) 11:13:23 -
  2. ノンジャンル -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


<<風邪 | ホーム | 幸せ>>

コメント


 ☆

とりあえず、足跡だけ残しときます (* 。。)φカキカキ・・・
ようき(妖鬼)といいますwwお見知りおきをww
  1. 2006/01/30(月) 00:05:41 |
  2. URL |
  3. 妖鬼 #-
  4. [ 編集]

 ☆

姫はしっかりしているね。
ちゃんとわかっている。
自分のした行動も相手の事も。
姫は悟っている。
大人はなんでわからないんだろう。
子供の成長も自信も自由も大人はなんでわからないんだろう。
しっかり大人が子供を支えなければいけない。
子供を大人が少しでも悲しませてはいけない。
私は大人が好きではない。
世の中の大人の汚い部分が沢山見えるから。
子供は純粋だから全部見えている。
話がずれた。
今回の事は姫に従う。
姫が望むならば。
だけどいつでも私を使っていい。
私は姫の腕にいつでもなるから。
それからまた遊ぼうね。
いつでも大丈夫だから。
  1. 2006/01/30(月) 00:09:03 |
  2. URL |
  3. 蜘蛛乃宮古亜子 #-
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://coldheart.blog37.fc2.com/tb.php/12-748fcb55

翠羽

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。